ブログ

こんにちは。

看護師の東山です(^^)

4月になりあたたかい日が増えてきましたね。

 

今回のお話はノミ・ダニ・フィラリア予防についてです。

皆様お家の猫ちゃんのノミ・ダニ・フィラリア予防は出来ていますか?

 

完全室内飼いでもノミ・ダニは飼い主さんが持ち込むことで感染することがあります。

また、フィラリアは蚊によって感染する病気で

マンションに住んでいてもエレベーターなどから持ち込まれることもあります。

 

ノミ・ダニは季節関係なく生息しています。

ダニが運んでくるSFTSウイルスは猫ちゃんから人に感染し

場合によっては猫ちゃんも人も死亡するおそれのある

怖いウイルスなので毎月の予防が大切です。

 

フィラリアは猫ちゃんが感染しても検査結果が出なかったりと発見しにくいので

フィラリアに感染する前に予防しましょう。

 

身近にいる寄生虫から大切な猫ちゃんを守るのはもちろん

自分自身を守るためにも毎月の予防を行いましょう。

 

 

 

 

 

2020年4月4日更新

 

 

新年明けましておめでとうございます。

東山です(^^)

皆様、良いお年は迎えられましたでしょうか?

本年も何卒宜しくお願い致します。

 

 

わたしは、実家の猫ちゃんたちと

久しぶりにゆっくり過ごすことができました。

みなさんおもちは食べましたか?

東山家では、今年はおもちをつきました!

つきたてのおもちは美味しかったです!!

 

 

ここで最近の診察時間の混雑状況についてお知らせいたします!

午前の診察は、11時以降に患者様が集中するため

早いお時間の方がスムーズなご案内ができます。

(※午前の診察は、9時から行っております。)

待ち時間が苦手な猫ちゃんは、

早い時間のご来院がオススメです。

 

 

 

 

2020年1月10日更新

 

 

院長の松島です。

キャットクリニック広島を開院して5か月が経ちました。

 

 

猫専門病院は海外では以前からあります。

近年、日本でも都市部では猫専門病院が開設されています。

広島市内はこれまで猫専門病院がなく、

「猫専門病院が出来るのを待っていました。」

「もっと早く開院して欲しかった。」

「ここだと猫ちゃんがおとなしくしている。」との声を多くいただき、

また、市外や県外から来院してくださる方もおられ

猫専門病院が必要とされているのだと実感しております。

 

 

 

猫はとてもミステリアスな動物です。

可愛いのはもちろんですが、猫特有の生体機能や病気もあり

その原因がわかっていないものも多いです.

そんな猫ちゃんが少しでも適切な検査や治療を受けやすくなるように当院では

猫ちゃん以外の動物がいない環境を提供しています。

また、飼い主様の緊張は猫ちゃんも敏感に感じ取り緊張してしまいます。

待合室には様々な猫グッズをおいてBGMを流すなど

飼い主様がまずリラックスしていただけるように配慮しております。

待合室で猫ちゃんの飼い主様が猫ちゃんの事でお話や情報交換をされているのを拝見すると

自分が思い描いていた猫にやさしく、猫の飼い主様同士がコミュニケーションをとれる拠り所に

近づいて行っていると感じています。

 

 

 

診察の場面では猫ちゃんの反応は様々です。

音に敏感な猫ちゃん(極力大きな音をたてない)、

注射が嫌いな猫ちゃん(可能な限り極細の針を使用する)、

横にされるのが嫌な猫ちゃん(縦の保定姿勢にしてあげる)などなど

その猫ちゃんの様子に合わせて臨機応変に対応し極力ストレスをあたえないように努めています。

 

 

2020年も猫の飼い主様の期待に応えられる病院へと更なる進化を追求してまいります。

来年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

2019年12月31日更新

こんにちは。

看護師の東山です(^^)

今年も残りわずかとなってきました。

皆さんはどんな1年を過ごせましたか?

 

当院は猫にやさしい病院を目指して、

それぞれの猫ちゃんに合った対応を見つけ

ストレスを少しでも軽減できるよう心掛けてきました。

来年はさらに猫ちゃんの小さな変化にも気付けるよう努力していきます。

また、猫ちゃんだけではなく、飼い主様の不安や疑問を減らせるよう

積極的にサポートしていきたいと思います。

 

2020年もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

2019年12月20日更新

 

こんにちは。

看護師の東山です(^^)

 

急に肌寒くなってきましたね!

今から冬にかけて猫ちゃんの膀胱炎、尿石症が

多くなってくる時期です。

今日は、猫ちゃんのおしっこの病気について

簡単にお話していきますね。

まずは、猫ちゃんのおしっこに

いつもと違う変化がないか確認してみましょう。

 

~猫ちゃんのおしっこのチェックポイント~

◇血尿は出ていませんか?

◇何回もトイレに行っていませんか?

◇トイレで大声で鳴いたりしていませんか?

◇他の場所で粗相をしていませんか?

◇おしっこの色が濃い、濁っていることはありませんか?

◇おしっこの臭いに変化はありませんか?

 

これらの症状は、尿石症や膀胱炎のサインかもしれません。

 

↓症状がひどくなってくると…

 

◇食欲がない

◇元気がない、ぐったりとしている

 

特に男の子の場合は、1日以上おしっこが

出ないと命に関わる状況になることも…

 

寒くなってくると寝ていることが多くなったり

運動量が減ることにより、水分をとることが少なくなります。

飲水量が減ることにより、おしっこが濃くなり

結石ができやすくなってしまいます。

なるべく運動させてあげるようにして、お水を飲ませたり

ウェットフードや水でふやかしたドライフードを食べさせることで

結石をできにくくしてあげましょう。

それでも、結石ができやすい子には、結石を作りやすい成分(リン、カルシウム、マグネシウム)

の少ない尿ケアフードをあげると良いかと思います。

(色々な種類がありますので、動物病院の先生に相談してその子にあったフードを選びましょう。

サプリメントを併用する場合もあります。)

食べる物、フードの量(与えすぎている)によっても結石はできてしまいますので、

肥満ぎみの子も注意が必要です。

人間の食べるものやおやつの与えすぎにも気を付けましょう。

 

また気温の変化やその他のストレスにより、特発性膀胱炎にもなりやすくなります。

猫ちゃんがストレスをためないよう、たくさん遊んであげることや

トイレを清潔にしてあげることが大切です。

トイレの数も、お家にいる猫ちゃんの頭数+1個が望ましいです。

こまめに掃除をし、なるべく綺麗な状態を保ってあげることも予防に繋がります。

(掃除の際、臭いがついてる砂は残さず全て捨てましょう)

 

少しでも気になることがあれば、お電話での相談や

尿をご持参いただければ、尿検査だけでもすることが可能です。

お気軽にご連絡ください。

 

 

2019年10月3日更新

~~~~~~~~~~~~~~~~~

10/11飼い主さんが決まりました!

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

こんにちは。

看護師の東山です(^^)

子猫の里親さんを募集しています!

 

先日、保護された

生後1.5か月の元気なキジトラの男の子です。

健康状態も良く、ノミ・ダニ駆除済みです。

 

少しでも気なった方は当院までご連絡ください。

☎ 082-258-2289

 

 

2019年9月25日更新

 

こんにちは!

看護師の東山です(^^)

 

本日キャットクリニック広島の

案内看板が国道沿いに設置されました。

可愛い猫ちゃんが見つめておりますので

見つけやすいかと思います。

 

 

また、カープロードにも同看板を設置しておりますので

見つけてみてください!

 

道に迷われた際は、お気軽に

082-258-2289

までご連絡ください。

 

2019年8月9日更新

 

こんにちは。

キャットクリニック広島東山です(^^)

 

15日の内覧会は、

100名以上の方がお越しくださいました。

遠方から来て頂いた飼い主様も

たくさんいらっしゃいました。

ありがとうございました。

 

 

 

お陰様で、17日に無事

開院日を迎えることができました。

たくさんのお祝いのお花も、ありがとうございます。

 

 

飼い主様の期待に応えられるよう

頑張ります!

 

これから梅雨があけて暑くなりますので

猫ちゃんの体調管理には十分お気をつけください。

 

2019年7月24日更新

猫ちゃんにとって安心出来る病院とは猫ちゃんと猫大好きな飼い主様と猫大好きな獣医師・看護師が集う病院ではないかと考え猫専門病院を開院いたしました。

 

 

猫専門ですのでわんちゃんの鳴き声等の怖さを感じない環境で猫ちゃんも安心して来院して頂けると思います。

 

 

猫ちゃんにとっても飼い主様にとっても病気を治療するのは大変ストレスのかかる事です。
満足できる治療に一番大切なことは飼い主様に猫ちゃんの病気を知っていただき、獣医師・看護師とともに一緒になって治療を行っていく事だと思います。

 

 

飼い主様の意見や要望をおききしながら、常に変化・成長しながら広島市の猫ちゃんと飼い主様の拠り所となるような病院を作っていけたらと考えております。

 

 

また、電話でのご相談や飼い主様のみ来院いただいてのご相談やセカンドオピニオンもお受けいたします。

2019年5月1日更新